日本医学脱毛協会

見解が分かれる光脱毛

日本医学脱毛協会

エステサロンなどで手軽に受けることができるようになった光脱毛ですが、水面下では医師の見解とエステの見解が割れています。

 

「日本医学脱毛協会」というところに所属している医師たちが光脱毛を医業と捉えているのに対して、エステサロンではそうは考えておらず、医師免許を持っていなくても施術をしていいと考えています。なぜなら最近の光脱毛は機械が発達しているので、知識・技術さえあればエステティシャンでも施術をすることができるからです。

 

一方でレーザー脱毛は、医療機関でしか施術を受けることができません。機械のレーザーの出力がとても強いので、下手に扱うと火傷をしてしまうことがあるからです。
こちらは医師免許を持っている施術者でないと、扱うことはできません。

 

それをエステティシャンのような一般人でも扱える程度の出力にしたものが、光脱毛で使われている機械になります。出力が弱いので安全だと考えられていますが、それでも使い方を誤ると火傷をしてしまう可能性はあります。例えば施術の際に機械が肌に近すぎたり、その後の処置がきちんとされていなかったりすると危険です。そして施術者の技術によって脱毛効果も違ってきます。

 

あまり経験がない施術者に処置されると、脱毛効果が低いこともあるのです。決まった資格などがないため、こういうことも起こりえます。

 

もちろん、経験豊富な施術者であれば弱い出力でも脱毛効果を得ることはできます。エステサロンで脱毛する際には、こういうところにも気をつけて選んだ方がいいでしょう。